top of page

亡くなった後はどうなる?モーゲージ生命保険と生命保険の違い


モーゲージは、生涯で負担する最大の負債です。そのため、多くの人は、多大な時間と労力を費やし、最も費用対効果の高いモーゲージを選ぶことに注力を注ぎます。 しかし、モーゲージ保有者が死亡した場合、モーゲージの支払いはどうなるのでしょうか? 残された家族は、モーゲージの支払いを継続することはできますか?それとも、家の売却を余儀なくされるのでしょうか?


保険に加入するということは、大切な家族を経済的に保護するための最良な方法の一つです。 今回はモーゲージ生命保険と、生命保険の違いについてお話致します。


モーゲージ生命保険について

モーゲージ生命保険は、モーゲージの借り手として加入でき、死亡した場合に、モーゲージを返済してくれる保険です。支払われる保険金は、モーゲージの残高が契約金融機関へ支払われ、主な収入が無くなった場合でも、残された家族は家にとどまることができます。 モーゲージ生命保険は、モーゲージを組んだあと、簡単なプロセスのみで、生命保険より加入しやすい保険です。モーゲージ生命保険は、グループ保険であるため、リスクが多数の人に分散されるため、月々の保険料も低いのが特徴です。 モーゲージ保険に加入する利点は、全体的な財政プランでみた際、他の生命保険や雇用保険から得たお金は、生活費や子供の養育費など、モーゲージ以外に充てることができます。 しかし、他の特徴も知っておく必要があります。 殆どの、モーゲージ生命保険は、モーゲージの残高のみカバーするため、モーゲージを完済するにつれて、支払われる保険料が減っていきます。 また、モーゲージ生命保険は、通常、請求を提出した後に審査が行われます。そして、保険契約に違反がないかを調査し、契約違反事項があった場合は、補償を受けることができません。 モーゲージ生命保険を契約する場合、補償対象から除外される可能性があるか、契約内容を注意深く確認する必要があります。

生命保険の場合

生命保険は、保険契約のターム内に死亡した場合、遺族が保険金を受け取ることができます。また、受け取った保険金の使い道は、生活費、教育費、ローンの負債など受益者が適切と考える方法で使うことができます。そして、個人の生命保険は、モーゲージとリンクしていないため、モーゲージの返済に充てるかどうかも、受益者次第です。 また、家族の成長と共に、経済状況は変化していくため、その時の状況によって使い道が柔軟に利用できるといった点が、モーゲージ生命保険と大きな違いになるでしょう。

モーゲージ生命保険と生命保険の違いのまとめ

モーゲージ生命保険は、モーゲージの返済に伴って減少するモーゲージの残高をカバーします。一方、個人の生命保険の保障範囲は通常変わらず、モーゲージとは紐づいていません。 また、金融機関を通じて提供されるモーゲージ生命保険は、健康関連の質問に答えるだけで、簡単に契約をすることができます。一方、個人の生命保険は、加入時に病歴を詳しく調べるため、より時間がかかります。

ここで一番重要なポイントは、すでにモーゲージ生命保険をもっていらっしゃる方は、契約内容を再度よく読んで理解することをお勧めします。契約内容に補償対象外となる項目がないかどうか、再度確認してください。 個人の生命保険だけをもっていらっしゃる方は、もしパートナーが亡くなった場合、モーゲージの返済と当面の生活費や教育費、負債の返済、葬儀費用等々、十分にカバーできる補償があるかどうかを確認してください。 もし、保険を見直したい場合は、契約されている保険会社に確認するか、日本語で保険について相談できる方をお探しの場合は、ファイナンシャルアドバイザーさんをご紹介致しますので、お知らせください。 大切なご家族に経済的な不安を残さないために、ご状況にあった最適な保険のオプションについて話し合うことが重要です。

Comments


IMG-1961 -up.jpg

モーゲージブローカー

プレアプルーバル、初めての不動産購入、更新、リファイナンスなどお気軽にお問合せください。

知ってよかった!
カナダのモーゲージ・
不動産マーケット情報を
お届けします

ご登録ありがとうございます

  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
bottom of page